診療時間

診療時間
9:0012:30
14:0018:30

祝日も診療しています。▲土曜の午後は18:00までとなります。
定休日:木曜・日曜

〒501-6051 岐阜県羽島郡笠松町上本町30MAP

お電話でのお問い合わせ・ご予約

058-387-2051

オンライン予約

託児あり駐車場8台バリアフリー

お客様へのお約束

  1. お約束

    自費診療の見積もり出します。

  2. お約束

    おおまかな治療回数を
    説明します。

  3. お約束

    ご納得いくまで何度でも
    説明します。

大学病院レベルの
ハイクラスな歯科治療を
岐阜の皆様に届けたい

審美・被せ物や入れ歯等は歯科医師だけで作製するものではなく「歯科技工士」と共同で作っていきます。つまり、良い被せ物を作るには、歯科医師・歯科技工士どちらか一方のみ腕が良くてもダメです。歯科医師そして歯科技工士がともに高いレベルにあって初めて「良い被せ物や入れ歯」が出来上がります。
当院では(公社)日本補綴歯科学会専門医の歯科医師と、院内常駐の(公社)日本口腔インプラント学会 認定歯科技工士と連携し、被せ物や入れ歯等を作っています。

くのう歯科医院 院長 久納 玄揮

補綴(ほてつ)専門医って何?

入れ歯や被せ物などの補綴治療を専門とするスペシャリストです。

人工歯、さし歯、入れ歯などの補綴治療を得意とするスペシャリスト。その選考基準は厳しく、基礎医学や学会および論文での発表などのさまざまな条件を満たした者だけにしか与えられません。
また5年毎に資格更新があり学会発表や論文発表、学会出席義務があり日々研鑽が必要となります。岐阜県の開業医ではわずか10人未満しかいません。

人工歯、さし歯、入れ歯などの補綴治療専門医認定証

認定歯科技工士って何?

広い学識と高度な専門的技能を有する歯科技工士のことです。

口腔インプラント学に関わる認定資格条件を満たしたうえ、試験に合格してようやく資格が取得できます。その後も、学会参加や症例提示がなければ資格を維持できず、取得者は岐阜県下でわずか4人です。

人工歯、さし歯、入れ歯などの補綴治療専門医認定証

くのう歯科医院の特長

  1. 特長1

    入れ歯、審美・被せ物
    専門医が常駐

    歯科医師の数は全国で約10万。その中で補綴専門医の資格を有する者は約1,000名、つまり100人に1人の貴重な存在です。知識・技術レベルは「専門機関」のお墨付きです。

  2. 特長2

    認定歯科技工士による
    オーダーメイド

    院内常駐の日本口腔インプラント学会の認定歯科技工士が、審美・被せ物、入れ歯等オーダーメイドによる安心安全の治療を実現しています。

  3. 特長3

    院内に技工士がいるので
    治療は短期間

    院内に技工士がいるため、患者様から型取りしたものはすぐ製作に取りかかることができ、余分な手間と時間を省くことができます。

  4. 特長4

    個室中心の診療室

    患者様が周囲の視線を気にせず、院長やスタッフに歯の悩みを相談したり、落ち着いて治療を受けていただけるよう、完全個室の相談室、完全個室・半個室の診療室を用意しました。

  5. 特長5

    入れ歯・被せ物には
    豊富な実績があります。

    院長は学会でも発表する実力の持ち主です。そして学会、セミナー、勉強会等に参加をして患者様へ常に最新で最良の医療を提供できるように努力をしております。

  6. 特長6

    最新の医療設備を導入
    衛生面でも安心

    最新の歯科用CTや手術用精密顕微鏡(マイクロスコープ)、噛み合わせの精密診断装置等を導入。衛生面でも世界基準の滅菌装置システムを採用しています。

治療1

補綴専門医による、審美・被せ物

最新の高い技術で
自然で美しい口元を目指す

歯には、「おいしく食べられる」機能性と、「きれいな歯並び、美しい歯」の審美性があります。その両方に焦点を当て、虫歯や抜けた歯の治療等の機能回復だけでなく、より白く、よりきれいな歯並びにする治療が審美歯科です。当院では、より軽く、金属アレルギーの心配のない最先端材料「ジルコニア」の特性に着目。オールセラミッククラウン(さし歯)は全てジルコニアボンドで作製し、審美歯科治療に取り組んでいます。治療は全てオーダーメイド。年齢や性別にかかわらず、清潔感や透明感あるその人自身の美しさを引き出すような、自然で美しい口元を目指します。

専門医が行う審美・被せ物治療には
以下のような特長があります。
  1. 特長1知識・技術レベルは
    「専門機関」のお墨付き

    補綴専門医は、一度資格を取って終わりではなく、5年毎の更新が義務付けられております。更新条件には、学会発表や論文発表、学会出席義務が含まれており、資格の維持が大変難しいとされています。言い換えれば、このような厳しい条件だからこそ、補綴専門医の質が維持・保証されているといえます。

  2. 特長2適した治療法を
    「多角分析」

    歯科治療と言っても、治療法や材料は無数に存在します。患者様のご要望を聞いた上で最新の医療機器を使い多角的に分析し、適切な治療法をご提案いたします。

  3. 特長3審美・被せ物治療だけでなく「総合治療」が可能

    インプラント・矯正・入れ歯・虫歯・歯周病予防など全ての分野において、一般の歯科医師以上の知識と経験を持っています。そのため、患者様の状況に応じて、「審美・被せ物治療」と「インプラント」、「審美・被せ物治療」と「矯正」を組み合わせる等、適切な治療法をご提案することができます。

被せ物の不満・不安をお聞かせください。
  • ⾦属の見た目が気になってうまく笑えない。
  • 常に違和感がある。
  • 素材の違いと費⽤対効果がよくわからない。
  • 金属アレルギーがある。
  • 噛み合わせが悪い。
  • 他院での治療に納得いっていない。

くのう歯科医院では
従来の治療方法では改善できなかった不満も改善できます!

先進的な歯科用CAD/CAMシステムを採用

ジルコニアボンドの製作は、模型を専用のスキャナーでスキャニングし、そのデータを基にパソコンでフレームデザインを行い、完成したデータをもとにジルコニアフレームを削りだし、焼成をして完成させるという、従来の方法とは全く異なる先進的な方法を採用しています。

  1. ジルコニアボンドの製作手順1

    1.口の中を型取りした物から模型を作製し、スキャナーで模型をコンピュータに読み込みます。

  2. ジルコニアボンドの製作手順2

    2.スキャニングされた模型です。

  3. ジルコニアボンドの製作手順3

    3.ジルコニアボンドのフレームを設計します。

  4. ジルコニアボンドの製作手順4

    4.完成したジルコニアフレームです。

  5. ジルコニアボンドの製作手順5

    5.ジルコニアフレームにセラミックを焼き付けます。

  6. ジルコニアボンドの製作手順6

    6.完成したジルコニアボンドクラウンです。

主な治療症例

  1. CASE1

    前歯の審美治療

    くのう歯科-主な治療症例写真1前歯を含め、以前被せ物で治療したものをやり直したいと来院されました。ジルコニアクラウンで治療した歯が、どれか判らない程、きれいに治りました。

  2. CASE2

    奥歯の審美治療

    くのう歯科-主な治療症例写真2奥歯を含め、被せ物の虫歯治療を希望されて来院されました。
    全体を治療し、見た目はもちろんのこと、しっかり噛めるようになったと喜ばれました。

  3. CASE3

    インプラントによる前歯の審美治療

    くのう歯科-主な治療症例写真3前歯の差し歯が根から折れてしまい抜歯をせざるをえなくなりました。健康な両脇の歯を削るブリッジの治療には抵抗があったためインプラントによる治療を希望されました。とても美しくなりました。

  4. CASE4

    インプラントによる奥歯の審美治療

    くのう歯科-主な治療症例写真4左下の奥歯を無くしてしまい、義歯を入れていましたが取り外しのわずらわしさからインプラントによる治療を希望されました。1本のインプラント治療を行い良く噛めるようになったとのことでした。

  5. CASE5

    事故で前歯を失いました

    くのう歯科-主な治療症例写真5事故に遭い、前歯を失って来院されました。ジルコニアクラウンにて自然な口元を取り戻すことができました。

  6. CASE6

    事故で抜けた歯を再移植しました

    くのう歯科-主な治療症例写真6顔面から転倒して前歯が抜けてしまい来院されました。抜けた歯を再植してキレイな口元に戻りました。
    ※事故などで歯が抜けた場合、歯は牛乳に浸けて持参し、直ぐに来院してください。

治療2

補綴専門医による入れ歯

違和感がない、⾒た⽬がよい、しっかり噛める

入れ歯の専門医が
あなたにぴったりの入れ歯を作ります

歯が抜けた部分の歯ぐきや骨の下がり具合は個人差があります。噛む力が強い方の場合、材質的に強度が足りないということもしばしば起こります。 ただし、歯科医師や技工士の技量によって、入れ歯や義歯の精度は、大きく異なります。当院の院長は補綴専門医で、入れ歯は最も得意な分野のひとつです。

アタッチメント

各種アタッチメントで
最適な固定を

入れ歯を口の中に固定するためには、針金(バネ)を使用しますが、針金のかかっている歯は、とても大きな負担がかかります。また、審美性が悪くなることが欠点です。そこで、金属床や針金の代わりの装置(アタッチメント)を使用することで、入れ歯のプラスチック部分を小さくし、異物感の軽減や維持安定をよくすることができます。

アタッチメントの特長
  • 装着・取り外しが簡単
  • 磁力やラバーの弾性により固定性・安定性に優れる
  • 残った歯や歯肉に負担がかからない
  • 針金がなく、目立たない
O-Pアンカーアタッチメント
残っている歯が少ない場合や、ぐらぐら動いている場合には、入れ歯の針金のかかっている歯には、とても大きな負担がかかり、早くだめになってしまう傾向にあります。そんな時、歯を抜かずに歯を短くし、ホックの形をしたO-Pアンカーアタッチメントを使用することにより歯を守ることができ、また、入れ歯から針金をなくすことができます。
O-Pアンカーアタッチメント
磁石式
針金の代わりに磁石の力を利用して、入れ歯を支えとなる歯に連結し、維持・安定を図る装置です。入れ歯に磁石を埋め込み、これにくっつくキーパーと呼ばれる磁性ステンレス鋼を歯の根に土台として埋め込みます。小さくても磁石の力でピタッと吸着し、入れ歯が落ちたり、口の中でガタガタ動くことがありません。
各種アタッチメント-磁石式
コーヌスクローネ
コーヌスクローネ義歯は、通常の入れ歯が残った歯に針金(バネ)をかけて口の中に維持するものとは異なり、歯に被せた内冠と入れ歯に取り付けた外冠が茶筒のようにはまることにより、入れ歯を維持・固定します。針金がなく、入れ歯がブリッジのようにしっかり固定されるため違和感がなく、自然でしっかりと噛める入れ歯となります。また、コーヌスクローネ義歯の特長の一つの、弱った歯の2次固定効果により、歯周病が進行してぐらぐら動く条件の悪い歯も、長期にわたる維持が期待できます。
コーヌス・クローネ
インプラント義歯
歯がなくなった部分の骨に数本のインプラントを埋め込み、これを土台にして入れ歯を磁石などの維持装置で固定します。
すると従来の入れ歯のように不安定に動かないだけでなく、歯に固定する金具もないので、口のなかの異物感も少なくなり、自然な噛み合わせを取りもどすことができます。
インプラント義歯
定期健診も
します

定期健診をお受け下さい

当院では、皆様のお口の治療が終了した後、定期健診のお願いをしております。
被せ物や入れ歯はあくまでも人工物のモノです。体は年齢とともに変化していきます。
例えば車をお持ちの方、タイヤやエンジンオイルを変えてメンテナンスしている車と、何も変えずに放置している車、どちらが長もちしますか?答えは明白です。手入れをしているものは長くもちます。

入れ歯の場合

長期間快適にお使いいただくために、定期健診を受けましょう。歯ぐきは年々痩せていくので、1年に1度は入れ歯の内側の裏打ちをしてピタッと合うように手入れをする必要があります。噛み合わせの確認も必要です。

定期検診 入れ歯の場合

審美・被せ物の場合

被せ物が合わなくなると歯周病や虫歯になります。当院では口腔内細菌や唾液検査を行い、様々な角度から患者様に合った予防プランをご提案し、メンテナンスさせていただきます。

定期検診 被せ物・審美の場合

医院紹介

和モダンの落ち着いた空間で最善の医療をお届けします

  • くのう歯科医院紹介写真1

    個室中心の診察室

    院長やスタッフに歯の悩みを相談したり、落ち着いて治療を受けていただけるよう、完全個室の相談室、完全個室・半個室の診療室を用意しました。

  • くのう歯科医院紹介写真2

    安⼼のバリアフリー空間

    完全バリアフリーの院内なのでお年寄りの方でも安心して来院していただけます。

  • くのう歯科医院紹介写真3

    キッズルーム完備・保育士常勤

    当院では保育士が常勤しております。お子様といっしょに来院していただければ治療中に託児を行います。

  • くのう歯科医院紹介写真4

    院内技工室

    技工室はガラス張りのオープンスタイルになっており、製作の様子を眺めることもできます。

  • くのう歯科医院紹介写真5

    歯についてわかる「ティースギャラリー」

    当院では、初めての方でも、詰め物、被せ物、義歯についてよく知っていただきたいと考え、待合室に「ティースギャラリー」を設置しています。

  • くのう歯科医院紹介写真6

    広々とした院内

    落ち着いた温かみのある設えを基調とし、大きく開口したガラス壁を使うなど、圧迫感のない広々とした院内になっています。