入れ歯の保険治療と保険外治療の違いは何ですか?

入れ歯を作る際、最初に考えなくてはならないのが「保険治療で作るか保険外治療で作るか」ということです。 よく、保険内と保険外の入れ歯は、素材が違うだけ、見た目の良さが違うだけと考えられがちですが、実際は素材以外にも異なる点がたくさ...続きを読む

インプラント治療も医療費控除や高額療養費制度の対象になりますか?

病気・怪我の治療や入院などで医療費が高額になったとき、経済的な負担を減らすために利用できるのが「高度医療費制度」と「医療費控除」です。もし、インプラントを治療を行った場合、医療費控除や高額療養費制度を利用することはできるのでしょう...続きを読む

インプラントとブリッジ、入れ歯で迷ってます。何が違いますか?

欠損した歯を補う方法にはさまざまものがありますが、比較的多く行われるのが「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つです。口の中や歯の状態によって受けられる施術と受けられない施術がありますが、もし、どの施術も受けることができるとし...続きを読む

被せ物が合わないと虫歯や歯周病になりやすいのはなぜですか?

被せ物は虫歯の治療などのために歯を削った後、削った部分を補うために行う一般的な処置です。処置の後、特に問題を感じないことが多いのですが、被せ物が合っていないと感じることもあります。最初はそんなに違和感がなかったのに、時間が経って違...続きを読む

ひょっとして合っていない?入れ歯の噛み合わせが悪いと起きやすいトラブル3つ。

欠損した歯の機能を補うために使用する入れ歯ですが、ときどき「入れ歯が合っていなくて噛み合わせが悪い」と感じることがあります。かみ合わせが悪いと食事や会話などにストレスを感じるだけではなく、放置していると様々なトラブルの原因になるか...続きを読む

インプラントのメリットとデメリットには何がありますか?

インプラントは「歯槽骨(しそうこつ)」というあごの骨に穴をあけて人工歯根を埋め込み、その上にセラミックでできた人工の歯を装着するという物です。 歯が抜けた後など、歯根が残っていない状態でも処置できるのが大きな特徴で、入れ歯やブリ...続きを読む

一般歯科ではなく、入れ歯・被せ物専門の歯医者を選ぶメリット3つ。

歯科には虫歯治療や歯周病の治療から入れ歯・被せ物などをトータルに行っている歯科と、一般治療以外にも入れ歯・被せ物などの専門資格を持つ歯医者さんがいる歯科があります。一般の歯科でも入れ歯や被せ物を作ってもらうことができますが、専門の...続きを読む

痛くなりにくい?!アタッチメント義歯(入れ歯)とは?どんな種類がある?

なんらかの理由で歯を失ったとき、欠損した機能を補うために重要な役割を果たすのが「入れ歯」です。入れ歯に部分入れ歯と総入れ歯があるだけではなく、装着方法や素材にも様々なものが存在します。 保険適用の対象となる入れ歯は「クラスプ」と...続きを読む

口の中や歯の状態など、差し歯・被せ物をする前に知っておきたいこと4つ。 

虫歯治療などで歯を削ったあと、削った部分を保護したり小さくなった部分を補ったりするために「クラウン」という人工の歯をかぶせます。クラウンは一般的に「差し歯」や「被せ物」と呼ばれますが、金属、プラスチック、セラミックなどさまざまな素...続きを読む

丈夫で、自然、美しいだけじゃない。被せ物や差し歯にセラミックを使うメリット5つ。

被せ物や差し歯にはさまざまな種類がありますが、保険適用範囲は銀歯(アマルガム)とレジン(プラスチック)での処置が基本となります。しかし、レジンは自然の歯とは質感が異なる、銀歯は奥歯などを治療した場合は金属がむき出しの状態になるなど...続きを読む